飲食店|インタビューメディア『PHOENIX』

地中海料理コシード

本格スペイン料理をリーズナブルに味わえる「地中海料理コシード」にお話しをお伺いしました!

田中さま、本日は宜しくお願い申し上げます。

「地中海料理コシード」の田中です。宜しくお願い致します。

まず初めに店名の由来をお伺いできますでしょうか。

スペインマドリードの有名な料理で「コシード」という煮込み料理があり、先代がそこから名前をとって付けました。実際にお店でも「コシード」も提供しています。

開業されたのはいつ頃でしょうか?

父が1986年7月3日に開業しました。私は2代目です。

お父様が「コシード」を開業された経緯をご存じであれば教えてください。

元々働きながらも自分でお店を出したいと思っていたんだと思います。父は「株式会社 聚楽」という会社に15歳から勤めていて、40年以上前に社内でスペイン料理をやる話が出たそうです。その時に先頭に立ってやらないか?と父に声がかかりました。

なるほど!この時がスペイン料理の始まりなんですね!

スペイン料理をやるために本場のスペインを回り、会社でスペイン料理屋を新宿に一号店として出店しました。現在はそのお店はもうありませんが、それがスペイン料理を始めるきっかけです。その後、父は独立をして「地中海料理コシード」を出店しました。

コロナ禍でのオープンでしたがコロナの影響はいかがでしょうか?

コロナ当初はお弁当を注文してくださるお客様が多くて助かりました。今回のコロナでは少し客足が減りましたが、徐々に戻ってきています。国から時短要請が出た時は、それに従って時短営業をしていましたが要請以外では通常営業していました。

コロナの際に集客で工夫していたことはありますか?

コロナをきっかけとして本格的に全品テイクアウトを始めたことです。
以前から少しやってはいたのですが、
ポスターや持ち帰り用のチラシメニューも作り、
ご自宅でメニューを見ながら注文いただけるようにしました。
おかげで、パエリアやブイヤベースなどの大きな料理もテイクアウトしていただけるようになりました。

メニュー開発はどなたが行っていますか?

基本的に私が考案しています。父親から引き継いで出している昔からのメニューもありますし、新しいメニューも増やしていっています。今はコロナの関係で行けませんが、毎年スペインに1週間以上滞在して有名店に足を運んで勉強もしていました。

メニュー開発の際にこだわっていることはありますか?

スペイン料理を1000円ちょっとでランチや夜に食べれるようなセットメニューを置いています。本格スペイン料理が気軽にリーズナブルに食べれるのがこだわりですね。

是非、お勧めのメニューを教えてください!

「ブイヤベース」が名物料理です!これは食べていただければわかりますが、他にない味だと思います。その他でいうと薄切りの「牛ステーキ」があるんですが、ガーリック醤油がかかっていて当店の名物メニューです。ランチでも提供していてお客様の80%がこのステーキを食べに来たりしてくれています。

お酒のメニューはワインがメインでしょうか?

地中海料理なのでワインをメインで置いています。スペイン料理ですが、フランス・イタリアなどのワインも置いています。

田中さんの、これまでの経歴についてお伺いしたいです!
どういった経緯で飲食の世界に入られたのでしょうか?

元々、父親が新宿の「びいどろ」というスペイン料理屋の初代総料理長をやっていました。父が近くで料理している姿を見ていたので私も影響を受けました。夜間に学校に通って昼間は飲食店で勤めてましたが、本格的に飲食に力を入れようと思って元々父の勤めていた「株式会社 聚楽」で勤めるようになりました。

やはりお父様の影響が大きかったんですね!

そうですね。ここまで色々な飲食店で経験をしてきましたが、
25歳の時に父の店「地中海料理コシード」を継ぐことも考えてこちらに戻ってきました。

そういう流れだったんですね!「地中海料理コシード」というお店は2店舗ありますか?

同じ東京町田で私の兄が「コシード デ ソル」というお店をやっています。提供している料理もほんのちょっと違うくらいでベースは一緒です。

ご兄弟でそれぞれスペイン料理屋を営んでいるんですね。すごいです!開業前、開業後に大変だったエピソードがあればお聞かせください。

元々は父親がずっとやっていた店なので、理解が中々難しかったことです。私が2代目というところもあって、最初はお客様も入っこなかったりしたこともありました。最近は全体的に物の値段も上がってきているので大変です。

逆に嬉しかったことはありますか?

親に連れて来た子供が大人になって子供を連れてきたり、町田のお客様を大事にしたいと思っています。また、近くに青山学院の陸上部の寮があって約18年の付き合いがあり、お店によく食べに来てくれています。当店が青山学院の「聖地」のように言われていて、女性の方がカメラを持って来てくれたりしてくれています。地元との繋がりで、みんな自分の料理に期待してくれて喜んで食べて帰ってもらえることが一番嬉しいですね。

地中海料理コシードさん今後の展望がありましたら教えてください!

コロナの関係もあって外国のお客様が昔に比べると少ない状況です。実際にスペインのお客様も足を運んでくれたこともあったので、コロナが徐々に収まってきたら外国のお客様も気軽に来れるような体制を取れるようにしていきたいです。

最後に開業を考えている若者に向けて一言お願いいたします!

飲食店はこれから潰れていくお店も多いと思いますが、残っていくお店は基本のベースの部分がしっかりしているお店だと思うので、そこをしっかりと身に着けていくことが大事だと思います。お客様も見ていないようでしっかりと見てくれています。愛情を持って、料理も接客もやっていってほしいです。

田中さま、本日は貴重なお話とお時間をいただきありがとうございました!

ありがとうございました!

■店舗情報
・店舗名
地中海料理コシード

・所在地
〒194-0021 東京都町田市中町1丁目4−17

・営業時間
【ランチ】11:30~14:00(L.O.13:30)
【ディナー】17:30~22:00(L.O.21:30)

・定休日
日曜日
第1・2月曜

・電話番号
042ー728ー5340

・食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13016447/
・インスタグラム
https://www.instagram.com/cocido_machida/
・Googleマップ
https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13016447/

>飲食店インタビューメディア|PHOENIX

飲食店インタビューメディア|PHOENIX

当サイトの運営は株式会社セカルクが行っております。掲載のご希望はお問い合わせからお気軽にご連絡くださいませ。