飲食店|インタビューメディア『PHOENIX』

Pescarico

安全な食材で美味しい料理を。店舗で使う全ての食材にこだわりを持っている「Pescarico」さんにインタビュー!!

小宮山さま、本日は宜しくお願い申し上げます。

「Pescarico」の小宮山です。宜しくお願い致します。

まず初めに店名の由来をお伺いできますでしょうか。

魚介類は食べる菜食主義者のことを”ペスカタリアン”というのですが、そのペスカタリアンから取っています。
そのペスカタリアンから「ぺスカ」を取って、それに美味しいという意味の「リコ」という言葉を付け加えた造語で「Pescarico(ペスカリコ)」という名前にしました。

開業のきっかけを教えてください。

コロナで仕事がなくなってしまった人や緊急事態宣言なので外出が制限されていた時期でしたので、コロナ禍でも出来るようにデリバリーやテイクアウト中心のお店にしていきたいという思いで「Pescarico」を開業させました。

開業されたのはいつ頃でしょうか?

2021年1月4日に開業しました。

コロナの影響はありましたか?

あるとは思いますが、コロナ前を知らないお店なのでなんとも言えないですが…。笑
ただ、自分がやっていた長野のお店もかなり影響があったので、無いわけではありませんでした。

「ペスカリコ」さんの名物、ウリを教えてください。

他でやらないことをやりたいと思い、寿司ネタを使ったメニューや、珍しい魚を使った料理などを提供しております。
その中でもチョウザメを使ったサメバーガーは名物ですね!

チョウザメバーガーですか。
初めて聞きましたがとても美味しそうですね!!

あとはサラダなどは無農薬のものにこだわっていて、添加物の入っていない自家製ドレッシングを使って美味しく健康に良いものを提供しております。

メニュー開発などは小宮山様が行われているのでしょうか?

そうですね。スタッフの意見なども取り入れておりますが、基盤は私が作っております。

開業までのご経歴が気になります!
どういう経緯で飲食の世界に足を踏み入れられたのでしょうか?

小学生の頃から調理師になることが夢でした。
社長が同級生のなのですが、中学の頃から同じクラス、同じ部活でずっと一緒でした。笑
学校の帰りも私の家が通り道だったこともあり、当時からうちに寄った時は良く料理を作ったりしておりました。

とても長い付き合いなんですね!

高校に進学後は、アルバイトをしながら料理のことを学んでいきました。
そんな中色々とあり高校を中退することになってしまい、その時に一度料理の道は諦めて外仕事をしたり夜の仕事をしておりました。

うんうん。

その後、料理を忘れられずに21歳の時にイタリアンのお店で働き始めたのですが、「料理はやっぱり楽しいな…」と思い出して、独立直前までそこのお店で勤めておりました。
そこで一緒に働いていた副店長が同い年だったこともあり、「お店を一緒にやろう」と声を掛けてお店の店長をしてもらいました。

この時立ち上げたお店は「Pescarico」とは別のお店ですか?

そうです!
私の地元の長野にあるお店で、そのお店を23歳の時に開業して、私が今年40歳になるので18年目になります!

長く飲食店をやられているのですね!

お陰様でここまでやってこれました!
その後、長野のお店を他の人に任せられる状態になったので、私はお寿司の勉強をするために東京に出てきて寿司アカデミーという学校に通い始めました。当初は2ヶ月間通って帰ってくる予定でしたが、自分の中で「まだ修行をしたい」と思い、銀座の寿司屋に3年ほど修行をさせてもらいました。

寿司屋の板前さんとしても活躍されてたんですね!!すごいです!

ただ、自分のお店の都合で辞めることになってしまい一度長野に戻りましたが、再び上京して今度は中目黒の寿司屋で働き始め、程なくして築地のお店の店長を任せていただきました。

そのようなご経歴があったのですね!

築地のお店の店長をしている時にコロナが流行り始めて、今の社長からお店を一緒にやりたいという話を持ち掛けられて一緒にお店を立ち上げました。
築地のお店に関してはバイトの扱いにさせてもらい、手の感覚と握り方を忘れないように、たまにお寿司を握らせてもらっている状況です。

これまでで大変だったエピソードはありますか?

まさにコロナですね…。笑
長野のお店も影響がないと思っていましたが、思いのほか影響を受けましたね。
お店を開けてもなかなかお客様も来ないし、本当にコロナは大変でしたね。

逆に飲食店をやっていて嬉しかったことはなんですか?

やはりお客様に美味しいといってもらえることですね!

小宮山さんのお仕事に対するこだわりやポリシーも教えてください!

当然のことなんですが、その当然のことを出来ていないお店はたくさんあるので、食材にこだわり、丁寧に仕込み、それをお客様に提供するということを心がけております。
食品添加物は体に良くないので、ウチのメニューは食品添加物が入ってない食材を使っているのもこだわりですね!

「ペスカリコ」さんの今後の展望を教えてください。

先ほども話しましたが、ウチのメニューは食材からドレッシングまで体に良い物を使っており、その上で美味しい物にこだわっております。そういったメニューはお客様にも認めてもらえているので、お客様が付いているメニューはこれからもこだわりを持って提供して行きたいと考えております。

安全で美味しいものにこだわられているんですね。

はい。今後はパンも小麦でないものを使用したいと思っていますし、”より安全に美味しく”というのをコンセプトに常に試行錯誤しております。また、最終的にはFC展開なども考えており、地元の長野にセントラルキッチンを作りました。

セントラルキッチンも用意されているのですね!

地元の農家の知り合いに頼んで無農薬の野菜を仕入れられる体制を整えました。長野の契約農家さんから直でセントラルキッチンに食材を仕入れて、加工したものをFC加盟店に提供していこうと考えております。
今後はより食の安全性と、シンプルだけどおいしい物を提供していきたいと考えております!

最後に若者に向けてメッセージをいただけますでしょうか。

仕事は手を抜くのは簡単ですが、手を抜かないのも簡単なので手を抜かずに頑張ってほしいと思います。面倒臭がらないこと、物事に対して真剣に向き合っていくこと、一つ一つの料理に思いを込めて作ってもらいたいと思っています。

小宮山さん、本日は貴重なお時間をありがとうございました!

ありがとうございました! 

■店舗情報
・店舗名
 ペスカリコ

・所在地
 〒150-0047 東京都渋谷区神山町9−5

・営業時間
【月~金】
 8:00~22:00
【土・日・祝】
 10:00~22:00

・定休日
 不定休

電話番号
 050-1389-0533

・食べログ
 https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13254584/

・インスタグラム
 https://www.instagram.com/pescarico_12/

・Googleマップ
 https://goo.gl/maps/QuoXjbETr7EE1GZJ7

>飲食店インタビューメディア|PHOENIX

飲食店インタビューメディア|PHOENIX

当サイトの運営は株式会社セカルクが行っております。掲載のご希望はお問い合わせからお気軽にご連絡くださいませ。