飲食店|インタビューメディア『PHOENIX』

恋と、焼肉。水道橋店

お客様の”恋”を応援する焼肉屋さん「恋と、焼肉。」
なぜ”恋と焼肉”なのか。キャッチーな名前と素敵なコンセプト。その裏側に密着取材!!

早水さま(オーナー)、蒲ケ原さま(グランドシェフ)、安藤さま(広報)、本日は宜しくお願い申し上げます。

「恋と、焼肉。」オーナーの早水です。宜しくお願い致します。

グランドシェフの蒲ケ原です。宜しくお願い致します。

広報の安藤です。宜しくお願い致します。

まず初めに店名の由来をお伺いできますでしょうか。

オーナーの早水が過去にお付き合いした女性と初めてのデートをする際に、焼肉屋に行くと何故かお付き合い出来るということに、ある時気が付いたみたいなんですね。笑

なるほど。笑

ただ、デートをしやすい焼肉屋さんがあまり無いという点と初デートに焼肉屋さんはハードルが高いという点から、初デートにも使いやすい焼肉屋さんを自分で作ろうという考えに至り、自分のお店に来て頂いたお客様に付き合ってもらいたいと言う思いから「恋と、焼肉。」という名前にしました。

シンプルですが素敵な由来ですね!
開業に至ったきっかけを教えてください。

新卒で”すかいらーく”に入社してから会社員として飲食業界に携わっていく中で、2018年に独立をし経営を始めましたが、そのあとすぐにコロナの影響で経営が厳しくなりました。
社員も雇っていたので、経営が厳しい中で飲食店として生き残るためには何ができるかと考えました。

コロナは飲食業界には大打撃でしたよね…。

そうですね…。
その中で自分に出来る事といえば店舗を増やして事業拡大をすることだなと思い、冒頭で安藤が言った通り、やるなら焼肉屋がいいなと思ったのが開業のきっかけです。

そのような経緯があったのですね。

はい。
元々2018年に「やきとりの扇屋」の暖簾分けで独立していたのですが、コロナがなければ「やきとりの扇屋」の業態で店舗展開をして事業拡大をしていこうと考えておりました。

開業されたのはいつ頃でしょうか?

「恋と、焼肉。」は2021年の5月に開業しました。

コロナの影響はありましたか?

緊急事態宣言中のオープンだったので、時短営業を余儀なくされてフルで営業出来たのが2021年は12月の1ヶ月のみでした。厳しい状況ではありましたが、現在は回復に向かっており先月、今月と過去最高売り上げを更新し続けていますので、このまま業績を伸ばしていきたいと思っております。

現在は「やきとりの扇屋」さんと「恋と、焼肉。」さんのに店舗を経営されているのですか?

現在はその2店舗に加えて、ゴーストレストランでもう1店舗運営しております。
「恋と、焼肉。」の店舗ではなかなか仕込みが間に合わなくなってきてしまったので、セントラルキッチンを作って、そこでゴーストレストランも展開しております。

「恋と、焼肉。」さんの名物やウリを教えてください!

サラリーマンや学生が多い街なので、そういった方々に気軽に入ってもらえるようになお店にしていきたいという想いもあり、お肉ももちろんありますが、和牛を使用したハンバーグをお客様自身で焼いて頂けるサービスを一つのウリとしてご提供しております。

自分自身で焼けるハンバーグなんて初めて聞きました!

私はフレンチのシェフをずっとやっていたこともあり、女性のお客様をターゲットにしたいと思っておりまして、ハンバーグを1つのソースで食べるのではなく、6種類の味を用意し最後まで飽きずに満足していただけるように作りました!

美味しそうですね!
他にはどんなメニューが人気なんですか?

人気のあるメニューは「恋包み牛たん」です!
こちらはネギを牛タンで包んであるのですが、映えと美味しさの両立を狙った商品でして、女性のお客様からの人気が高く良くSNSに投稿して頂いております。
味にも自信がありまして、フレンチのシェフ時代に使っていた柑橘系の果物の皮を入れた塩でさっぱりと召し上がっていただけるように工夫しております。

こちらも美味しそうですね!

ありがとうございます!
他の焼肉店とは差別化を図り、フレンチの要素も取り入れた新しい焼肉を楽しんでいただきたいと思っております!

また、新コースメニューでは「デートをしやすいように」というのをコンセプトに、蒲ケ原と打ち合わせを重ねた上で、1年やってきた中でのお客様のニーズや、「デートしやすい」を念頭においた内容に変更しました。
男性にも喜んでもらわないとデートが成り立たないので、ボリュームアップに加えハンバーグや恋包み牛タンなどを人気メニューを取り入れた自信のあるコースになっております!

女性、男性ともに楽しんでいただけるサービスになっているのですね!
これらのメニュー開発などはどなたが行われているのでしょうか?

定期的にミーティングを行い、みんなの意見を元に決めております。
私だけですとどうしてもイメージが偏ってしまうため、みんなの提案なども取り入れた上で新メニューなどを行っております。

開業までのそれぞれのご経歴が気になります!
どういう経緯で飲食の世界に足を踏み入れられたのでしょうか?

最初は始めは「やきとりの扇屋」の方でパートとして働いておりました。
パートで働き始めた当初は、直営店ということもあり店長が何度か変わっていく中で、現在のFCの業態に変わったタイミングで早水が店長になったのが、オーナーの早水との出会いです。

早水さんと出会われる前から「やきとりの扇屋」さんで働かれていたのですね!

長い事「やきとりの扇屋」で働いている中で早水には「暖かい」と言えば少し語弊があるかもしれませんが、とても良くして頂きました。
その中で自分に何か出来ることがあれば協力したいと思いと、元々SNSの運用などに興味があったので、そう言った部分で「恋と、焼肉。」のお役に立てると思いそこから広報として経営にも携わらせて頂いております。

そのようなど経歴があったのですね。安藤さんありがとうございます!
蒲ケ原さんのご経歴もお願い致します!

先ほどもお伝えしましたが、元々は洋食をメインに仕事をしており、19歳で料理の専門学校を卒業後ホテルのレストランで4年ほど勤めておりました。
その後、イタリアンやフレンチのレストランを経験し20代半ばからはビストロをメインに仕事をしておりました。

洋食のシェフから焼肉店のグランドシェフとは珍しい経歴ですね!

そうかもしれないです。笑
長年飲食業をしていく中で、お付き合いのある業者さんから新しい業態でシェフを探しているというお話をいただき「恋と、焼肉。」へ入社させていただきました。

洋食から焼肉に転職ということですが、全く違う業態への転職に不安はなかったのですか?

少なからずありましたが、自分の中でやってみたい料理やコンセプトもあったので、チャレンジするなら若いうちだなと思い決心致しました。

蒲ケ原さんありがとうございます。
早水さまのご経歴も教えていただきたいです!

元々は”すかいらーく”のお店でアルバイトをしており、そこで食べたハンバーグが本当に美味しくて感動し”すかいらーく”に入社しました。
平成元年に入社して17年勤めておりましたが、”すかいらーく”の創業者である横川4兄弟の一人の方がヴィアホールディングスの代表になっており、その中の一つに「やきとりの扇屋」がありました。
当時は扇屋は、上層部の方が”すかいらーく”出身の方が多かった為、私にも声がかかり「やきとりの扇屋」に入社させていただきました。

飲食業一筋なんですね!

そうですね。扇屋でも17年勤めておりまして、新店のプロモーターや人事などをやらせていただきながら店舗運営にも携わらせて頂いておりました。
なので店舗運営に関しては自分の中でも自信がありましたが、大きい会社にいたこともあり自分で料理を創作できない環境にいたため、「恋と、焼肉。」を開業する時はコンサルの方にメニューなどを作っていただきました。

そのような経緯があったのですね。

焼肉屋を始めるにあたっては、ありきたりな焼肉屋さんをやるのではなくて、水道橋は会社も学校も多いこともあり、20代、30代をターゲットにしたデートで使えるオシャレさとコスパの良い焼肉屋をコンセプトに始めました。

開業当初は蒲ケ原さんはいらっしゃらなかったんですか?

蒲ケ原は途中から参加なのですが、入社してからは私の要望などをかなり形にしてくれました。ですので、開業当初と今とではメニューがガラッと変わっております。

これまでで一番大変だった時のエピソードなどがあれば教えてください。

オープンがコロナ禍でしたので、フルで営業できない事で利益確保ができないことがすごく大変でした。
助成金や補助金などもいただけたのですが、どうしてもタイムラグがあるので現金をある程度集めておけなければならなかったことには本当に苦労しました。

コロナ禍でのオープンは厳しい部分もあったかと思います…。

あとは、先ほどもお話しましたが、メニューの構想があってもそのメニューを作ることが私には出来なかったので、蒲ケ原が入社するまでの間は”お店の味”というものを作るのに苦労しましたね。
蒲ケ原が来てくれた事により、「恋と、焼肉。」の味の軸が出来ました!

逆に飲食店をやっていて嬉しかったことはなんですか?

お客様に美味しかったと言ってもらえることはいつでも励みになります!
この気持ちは、”すかいらーく”に入社した日から変わりませんし、その気持ちがあるからこそ今も頑張れていますね。

それぞれお仕事のこだわりやポリシーなどはございますでしょうか?

自分が何か新しいことをするときには、誰かが喜んでくれることを意識して仕事に取り組んでいます。こなす作業は好きではなく、意味を持って仕事をしたいと思っております。

うんうん。

お客様からのDMにも全て返信させて頂いておりますし、新しい企画をする際も当店だけがメリットのあるやり方ではなく、双方にメリットのある企画をしたいと思っております。常に”誰かのために”を意識して日々仕事をしております。

安藤さんありがとうございます!
蒲ケ原さんお願い致します。

ずっと職人の世界にいたので縦社会なところがありました。正直、最初の頃は楽しいと思えない下積み時代を経験しましたので、ウチで働いているスタッフにはわかりやすく技術を伝授するとともに楽しく働いてほしいと思っています。

蒲ケ原さんありがとうございます。
早水さんお願いします!

私のポリシーは基本を大事にすることです。
これを念頭に自分もそうですが従業員にも日々指導をしておりまして、基本がしっかりと出来ないと応用は出来ないと思っております。特にキッチンは毎日同じ作業の繰り返しが多いので、それが疎かにならないように、手洗い一つとっても私は30年間毎日同じ洗い方で行っていますし、そういったところが基本に繋がってくると思います。

おっしゃる通りだと思います。

まずは自分が出来ないといけないですし、自分が出来ないとスタッフにも教えられないので、”基本を大事に”というのは常に意識しているところではあります。

早水さんありがとうございます。
「恋と、焼肉。」さんの今後の展望を教えてください。

ここ数ヶ月過去最高の売り上げを更新し続けておりますが、やっと自分が目指している状態に近づいてきたと思っております。
今後とも今の状態を維持しつつ、もっともっとお客様に喜んでもらえるような意見やサービスなどを取り入れながら、インスタグラムやTikTokなどのSNSも充実させつつ店舗運営をしていければと考えております。

応援しております!

そんな中、一周年のイベントで1円で飲み放題というものをやったのですが、もちろんお店としては赤字でした。笑
それでもお客様に喜んで頂き満足して帰っていただければ、その先に繋がってくると思いますし、これからも「驚き」や「感動」を与えていけるようなお店作りをしていきたいと思います。

とても素敵な展望です!
店舗展開などは考えていないのですか?

もちろん考えてはおりますが、開業から今まで厳しい状況が続いていたので、現在の店舗でしっかりと基盤を作った上で店舗展開もしていければと考えています。

最後に若者に向けてメッセージをそれぞれいただけますでしょうか。

ウチに来て、楽しく美味しくデートや飲み会をして頂きたいです!
これから通販も始めますので、バーベキューとかでウチのお肉を使って頂き、そこで恋が実った話などDMでいただければ割引券なども配布しようと考えておりますので、どんどんウチを使ってほしいですね!

安藤さんありがとうございました!
蒲ケ原さんお願いします。

店内も若者向けの個性的な作りにしておりますので、ランチからでも気軽に来ていただければと思います。
あとは、昔から「苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、言葉通り苦労は絶対にしたほうがいいと思いますので、飲食業界は厳しい業界だと思いますが、未来の自分のために頑張ってほしいですね!

蒲ケ原さんありがとうございました!
早水さんお願いします。

うちの会社の経営理念が「心の豊かさの創造」なのですが、お客様が満足したり豊かになってくれると嬉しいです。

素敵な経営理念ですね。

また、やる気があれば誰でも何でも出来ると思いますし、どんなことがあろうと人はいつでも変われると思いますので、志がある方がいれば協力したいですし、チャレンジしたい方は力になるのでいつでも訪ねて来てください!

早水さま(オーナー)、蒲け原さま(グランドシェフ)、安藤さま(広報)、本日は貴重なお話とお時間をいただきありがとうございました!

ありがとうございました! 

■店舗情報
・店舗名
 恋と、焼肉。水道橋店

・所在地
 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3丁目3−17

・営業時間
 平日
 11:30~15:00(フードLO14:00、ドリンクLO14:30)
 17:00~23:00(フードLO22:00、ドリンクLO22:30)
 土日祝
 11:00~23:00(フードLO22:00 ドリンクLO22:30)
 ※満席時は2時間制を取らせていただいております。

・定休日
無し

電話番号
 03-6272-8328

・食べログ
 https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13255692/

・インスタグラム
 https://www.instagram.com/koito.yakiniku/?utm_medium=copy_link

・Googleマップ
 https://goo.gl/maps/CxZ3PhSc2YcxG1RH8

>飲食店インタビューメディア|PHOENIX

飲食店インタビューメディア|PHOENIX

当サイトの運営は株式会社セカルクが行っております。掲載のご希望はお問い合わせからお気軽にご連絡くださいませ。