飲食店|インタビューメディア『PHOENIX』

麺 紡木

日本一品格のあるラーメン屋!!高級ラーメン屋オーナー様にインタビュー!!

野崎さま、本日は宜しくお願い申し上げます。

「麺 紡木」の野崎です。宜しくお願い致します。

まず初めに店名の由来をお伺いできますでしょうか。

紡という字には決して崩れない固い絆や縁という意味があるんですね。独立した時の仲間は今もまだ一緒にやっていまして、そういう人間関係を大切にお客さまとの関係も繋いでいきたいなと思ってつけました。

なるほど。”紡”という字にはそういう意味があったのですね。
開業されたのはいつ頃でしょうか?

2020年の7月1日ですね。

やはりコロナの影響はありましたか?

正直コロナ禍で開業したのでコロナ以前のことを分からないんです。ただコロナだからと言って何かを変えてやっていくわけではなく、自分達がいいなと思う商品やサービスを提供していくというのは変わらずやっていますね。

コロナに関係なく自分達の信じるものを貫くということですね。
開業のきっかけを教えてください。

うちのグループ会社がもともと高級居酒屋という形で使っていたところに居抜きで入ったんです。物件を探していたということもあり、潰すくらいなら新しく始めようと思って開業しました。居抜きで入ったが故に高級感を残したラーメン屋にしようと思い”日本一品格のあるラーメン屋”というコンセプトをつけました。

居抜きで入ったからこそ今のお店のコンセプトがあるのですね!
「麺 紡木」さんの名物、ウリを教えてください。

全部です。普通ラーメン屋さんはどのメニューにも共通のスープを使っていると思うのですが、うちでは全部異なったスープと麺を使っているんです。というのも手間を惜しまずにお客さんに自分達の出せる最高の商品を提供したいという想いがあり、これまでスープと麺の組み合わせを試行錯誤しながら追求し、現在お店で提供しているような形になっています。

一つ一つ追求し、こだわり抜いて作られているのですね。
メニュー開発などは野崎様が行われているのでしょうか?

どういう商品を提供するのかという商品プロデュースは私が行い、それを実際に料理として形にする担当、チャーシューなどのトッピングの商品開発の責任者の三人に分担して行っています。

各仕事を分けて行っているのですね。
これまでで一番大変だった時のエピソードなどがあれば教えてください。

”日本一品格のあるラーメン屋さん”というコンセプトですが、”品格”というのは人によって感じ方が違うのでマニュアルでは伝えきれないんですね。例え一万円のステーキを売ろうが、九百円のラーメンを売ろうが自分達がお客さまにとってベストな商品や接客を提供しようと思っていて、そういうのを店全体として共有することはやはり難しいなと思いますね。

店全体で意識を統一することは確かに難しいことですね。
逆に飲食店をやっていて嬉しかったことはなんですか?

お客様に認めてもらえることが何より嬉しかったですね。中にはラーメン屋はラーメン屋らしく”ヘイらっしゃい”でいいんだよと言われる方もいるんです。ただ自分達がいいと思うコンセプトを貫いてそれをお客様に認められることは凄く嬉しいですし、これまでやってきたことが間違っていなかったと感じられて自信にもなりましたね。

お客さまに認められると今後の励みにもなりますね。
お仕事のこだわりやポリシーなどはございますでしょうか?

手前を惜しまないことは絶対だと思っていますね。ラーメン屋は早い提供時間で回転数をウリにしている店は多いと思うんです。ただうちでは例え提供時間が3分遅れようともその一杯はお客様にとって一度きりだからこそ、どれだけ手間と時間がかかろうと自分達の出せる最高の一杯を必ず提供しようと心がけていますね。

一杯一杯全てにその日のベストを注ぎ込まれているのですね。
「麺 紡木」さんの今後の展望を教えてください。

以前SNSでうちの店をインフルエンサーが取り上げたことで評判になったことがありまして、いろんな地域の方々がお店の方に足を運んでくださったんです。そのようにもっといろんな方々にうちのお店のことを認知してもらい、来ていただいて実際にラーメンを食べていただきたいなと思っています。

なるほど。全国的にも認知され、足を運ばれるお店になりたいということですね。
最後に若者に向けてメッセージをいただけますでしょうか。

SNSマーケティングや広告PRは今の人たちにとっては当たり前で活用しているお店がほとんどだと思うんです。確かに興味を持って来てもらえるお客様は増えると思うのですが、一度来てくれたお客様に次も来てくれるもらうためにはお店作り、接客サービス、味や質にどれだけ一生懸命になれるかが大事だと思うんです。他にも自分達が満足する商品でなくお客様にとってより良い商品を売る必要があって、全てはお客様のニーズに寄り添ったものにどれだけ力を入れられるかが大切だということを覚えていてもらいたいですね。

自分達が満足するだけではダメで、お店を継続していくためにもお客さまに寄り添ったサービスが必要だということですね。
野崎さま、本日は貴重なお時間をありがとうございました!

ありがとうございました! 

■店舗情報
・店舗名 麺 紡木

・所在地 大阪府大阪市北区山崎町1-5 アークナルドビル B1F

・営業時間 11:00~15:00,17:30~22:00

・定休日 火曜日

電話番号 06-6809-5655

・食べログ https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27118071/

・インスタグラム https://instagram.com/men_tsumugi?igshid=YmMyMTA2M2Y=

・Googleマップhttps://goo.gl/maps/dnu9zGF3Acqwicwp6

>飲食店インタビューメディア|PHOENIX

飲食店インタビューメディア|PHOENIX

当サイトの運営は株式会社セカルクが行っております。掲載のご希望はお問い合わせからお気軽にご連絡くださいませ。