飲食店|インタビューメディア『PHOENIX』

ing SANGENJAYA 

インスタ映えする商品が売りの「ing SANGENJAYA」にお話しを伺いました!

落合さま、本日は宜しくお願い申し上げます。

「ing SANGENJAYA 」の落合です。宜しくお願い致します。

まず初めに店名の由来をお伺いできますでしょうか。

「ing」は現在進行形を指し、三軒茶屋で進化を遂げていくという意味で「ing SANGENJAYA 」にしました。

開業されたはいつ頃でしょうか?

2020年の10月です。

まさにコロナ真っただ中でのオープンだったと思いますが、影響はいかがでしたでしょうか?

コロナ禍でもお店は営業しておりました。
周りでは営業していない店舗もあった為、空いているお店を探されているお客様が当店に結構来店してくれていましたので、繁盛しておりました。

逆に繁盛されていたんですね!
何かコロナ禍の営業で工夫されていたことはありますか?

インスタ映えをする料理を提供したり、ドリンクに関してもアセロラサワーやバイスサワーなど、彩りがあり女性からの支持をもらえるような商品を提供しておりました。

なるほど!
色んな事業がある中で何故飲食の事業を始められたのでしょうか?

一番は食を通してお客様の笑顔が見たかったんです。なので飲食事業で決めました。

メニューの開発はどなたがされていますか?

私と代表含め3人で開発をしております。

調理の面も落合さんが実際にされてますか?

実際の調理も、私達がしています。

そうなんですね!落合さま自身、これまで料理の経験などはありましたか?

約20年間、飲食業界にいます。専門学校に通い、卒業後は和食からイタリアンなど経験させてもらいました。
その後、この「ing SANGENJAYA」に入社しました。

様々なご経験をされているんですね!
メニューを開発する際にこだわっていることはありますか?

味にこだわるのはもちろんですが、商品の見た目や盛り付けにこだわっています。先程も少しお話しましたが、写真映えするように工夫しています。

是非、おすすめのメニューがありましたら教えてください!

当店のおすすめは、『ササミ昆布締め』『雲仙ハムカツ』『刺身盛り合わせ』
『白レバ刺し』『特製ポテトサラダ』です!

開業の際に大変だったことや嬉しかったエピソードがあれば教えてください!

心配は無かったですね!絶対的な自信がありました。

コロナ禍で飲食事業が厳しいと言われる中、絶対的な自身があることがすごいです!今後の目標があれば教えてください!

店舗展開を進めていきたいと思っています。

最後に若者に一言お願いします!

何事もやってみることです!
もしやってみて失敗したらそれを糧にまた挑戦してと、
トライアンドエラーを繰り返していくことで学ぶ部分があると思います。私たちも若い世代から良い刺激をもらう事もありますので、若い方々も私たちの良いところだけ取っていただければと思います。

落合さま、本日は貴重なお話とお時間をいただきありがとうございました!

ありがとうございました!

■店舗情報
・店舗名
ing SANGENJAYA 
・所在地
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14−21 1F
・営業時間
月火水木日 18:00~3:00
金・土   18:00~5:00
電話番号
03-6450-9630

・インスタグラム
https://www.instagram.com/ing_sgj/?hl=ja
・Googleマップ
https://goo.gl/maps/B9oKKzowHwzVTeQKA