飲食店|インタビューメディア『PHOENIX』

京風居酒屋 先斗町 新宿本店

酒場好きが飲食業界に飛び込んだ結果大成功したオーナー様にインタビュー!

石井さま、本日は宜しくお願い申し上げます。

「京風居酒屋 先斗町 新宿本店」の石井です。宜しくお願い致します。

まず初めに店名の由来をお伺いできますでしょうか。

京都にまつわる響きの良い名前にしたかったのですが、地域名の先斗町と名付けました。

開業のきっかけを教えてください。

このお店は2店舗目なのですが、ゴールデン街で飲んでた時に仲間の誘いで開業しました。

開業されたのはいつ頃でしょうか?

2006年5月です。

コロナの影響はありましたか?

ありました。飲食店が全部影響を受けるなんて災害みたいですよね。
コロナの影響があってから昼からお店を開けてランチを始めたり、サンドイッチやコッペパンなど居酒屋にはないメニューを考えて工夫してきました。コロナで新しい考えを生むことができました。

「京風居酒屋 先斗町 新宿本店」さんの名物、ウリを教えてください。

お茶の酎ハイがウリです。十数種類あります。抹茶割はお茶をたてて作っておりこだわってます。

メニュー開発などは石井様が行われているのでしょうか?

私が考案しています。京都の素材、地元の名物メニュー参考に考えてます。

開業までのご経歴が気になります!
どういう経緯で飲食の世界に足を踏み入れられたのでしょうか?

若い頃に、バンドマンをしながら数々の仕事をしていました。お酒を飲むのが好きでよく酒場に行っていたのですが、酒場という場所に魅了され、飲食業界に足を踏み入れようと思いました。

これまでで一番大変だった時のエピソードなどがあれば教えてください。

人材が大変。みんな価値観が違うから1つものを一緒に作り共有するためのチーム作りが大変です。

逆に飲食店をやっていて嬉しかったことはなんですか?

美味しいと喜んでくれる時が嬉しいです。

お仕事のこだわりやポリシーなどはございますでしょうか?

京都の食材やお酒にこだわり全てのメニューを可能な限り京都の食材を使用して料理を提供したいです。
京都の食材の美味しさを広めたいです。

「京風居酒屋 先斗町 新宿本店」さんの今後の展望を教えてください。

コロナ中に浮かんだアイデアがあるのですが、京都の素材、特に宇治茶を使用したお茶カフェをやりたいです。

最後に若者に向けてメッセージをいただけますでしょうか。

コロナのせいかもしませんが、若者のお酒離れが進んでいると感じています。
人付き合いなど酒場には面白いことがいっぱいあるので、酒場をたくさん利用してほしいです。

石井さま、本日は貴重なお時間をありがとうございました!

ありがとうございました! 

■店舗情報
・店舗名
京風居酒屋 先斗町 ぽんとちょう 新宿本店
・所在地
東京都新宿区歌舞伎町2-9-18 ライオンズプラザ新宿1F
・営業時間
火~金、祝日、祝前日: 18:00~翌3:00
土: 11:00~翌3:00
日: 11:00~翌0:00
・定休日
不定休
電話番号
03-3208-7271

・食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13037880/dtlrvwlst/B418908513/?use_type=0&srt=&sby=&rvw_part=all&lc=0&smp=1
・Facebook
 https://m.facebook.com/pontocho.shinjuku

・インスタグラム
https://www.instagram.com/ponto_shinjuku

・Googleマップ
https://goo.gl/maps/J7DMA48WXpe95gAG7