飲食店|インタビューメディア『PHOENIX』

酔イ良イ〜ヨイヨイ〜蒲田総本家 

バックパッカー経験のある日本酒好きなオーナー様にインタビューしました!!

笹原さま、本日は宜しくお願い申し上げます。

「酔イ良イ〜ヨイヨイ〜 蒲田総本家」の笹原です。宜しくお願い致します。

まず初めに店名の由来をお伺いできますでしょうか。

今宵も良いあて良いお酒というフレーズがあり、そこから酔い良いと名付けました。酔っ払っていいよという屋号になります。

開業のきっかけを教えてください。

2020年8月に開業しました。中国大陸と台湾に飲食を展開しています。2020年の正月に日本に戻ってきたのですが、コロナで中国に戻れなくなってしまい、羽田空港の近くにマンションを借りていました。蒲田は家から近く5、6年前から飲み歩きをしておりとても思入れがある場所です。
開業する時は、やはりコロナで反対意見が多かったです。しかし、蒲田に貢献したいという思いが強くあったため開業しました。

開業されたのはいつ頃でしょうか?

2020年8月です。

「酔イ良イ〜ヨイヨイ〜 蒲田総本家」さんの名物、ウリを教えてください。

海鮮がメインのお店になるのですが、料理だと豊洲やま幸から仕入れる生本鮪がおすすめです。お酒は日本酒をウリにしております。最近、日本酒離れが多いと感じておりす。しかし、僕は昔から日本酒が好きで、酒蔵にも貢献したいと思っており、私のお店では、ミニマムで一杯は日本酒を飲んで欲しいと思い、必ず提供できるお店にしています。

メニュー開発などは笹原様が行われているのでしょうか?

開業当初は私も行っていましたが、今は古くから一緒に仕事をしている料理人が行っています。

開業までのご経歴が気になります!
どういう経緯で飲食の世界に足を踏み入れられたのでしょうか?

10代の頃からヨーロッパにバックパッカーをしていました。私は、海外思考が強いため、日本のいいところを海外に伝えないといけないと思い、両親の助言のもと中国に目を付けました。そして、両親も飲食店を経営しており両親の背中を見て育ちました。そんな理由から飲食業界で働きたいと思う様になりました。そして、独学で中国語を学び、中国にある日本料理のお店で勉強せてもらっていました。最初は、包丁の持ち方も分からない状態でしたが、頑張り21歳くらいの時に初めてお店を出しました。

これまでで一番大変だった時のエピソードなどがあれば教えてください。

従業員同士の揉め事は心が疲れますが、十人十色で個性が有るので衝突もあって然るべきかと思います。
中国にいた時も台湾にいた時も同じで人間関係の大変さはどの国でも起こるんだなと実感しました。

逆に飲食店をやっていて嬉しかったことはなんですか?

お客様と仲良くなってプライベートで飲みに行くこともあったりお客様がスタッフになることもあります。飲食店をやっていて、いろんな方に出会えるのが嬉しいです。そして、人と人との関係が色濃くなるのも飲食の魅力です。

お仕事のこだわりやポリシーなどはございますでしょうか?

当たり前ではありますが、美味しい料理を提供することです。

「酔イ良イ〜ヨイヨイ〜 蒲田総本家」さんの今後の展望を教えてください。

他事業展開したいです。また、中国でのビジネスも活発にさせていきたいです。

最後に若者に向けてメッセージをいただけますでしょうか。

「日本人よ大志を抱け」と伝えたいです。夢や目標が活動する活力になります。誰かを幸せにしたいという思いは大きな志がないと幸せにできません。ぐうたらしている時間が積み重なってダメな大人になってしまいます。こういう時代だからこそ、大志を抱いてほしいです。

今Bright Edgeでは飲食を通じて自分を、家族を、人を幸せにしたいという方を随時募集しています!
東京、鎌倉、京都と出勤先は様々ですので、少しでも御興味のある方は先ずご連絡ください!

笹原さま、本日は貴重なお時間をありがとうございました!

ありがとうございました! 

■店舗情報
・店舗名
酔イ良イ〜ヨイヨイ〜 蒲田総本家

・所在地
東京都大田区西蒲田7丁目29−9 第二田中ビル 1F

・営業時間
17:00~翌2:00

・定休日
年中無休

電話番号
03-6424-7733

・食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13250085/

・インスタグラム
https://www.instagram.com/yoiyoi_kamata/?hl=ja

・Googleマップ
https://goo.gl/maps/eCcnEnXU76iwZyxq6